超敏腕トレーダーKAZMAXさんに学ぶ“トレーダーの理想の睡眠法”

kazmax
【この記事を書いた人】中原 洋
1日2~3時間睡眠のショートスリーパーで、陸上100m 10秒台(追い風参考記録)。
東京大学工学部を卒業後、生命保険会社に勤務。仕事と趣味、勉強を両立する手段として、睡眠時間を短くする方法を学び、堀大輔氏の著書「睡眠の常識はウソだらけ」の執筆にもたずさわる。

筆者が受講したショートスリーパーの講座(Nature sleep)はこちらです。

KAZMAXさんという方をご存知でしょうか。

KAZMAXさんは、知る人ぞ知る超有名なトレーダーでいらっしゃいますが、実は特殊な睡眠をとられているので、みなさんにご紹介します。特にこんな方に役立つ記事です。

  • KAZMAXさんのようにトレードで爆益を得たい
  • KAZMAXさんからの教えを120%吸収したい
  • トレードに限らず、好きなことに熱中したい
  • 絶対に叶えたい夢や目標がある

ぜひ最後まで熟読して、KAZMAXさんがとられている睡眠の方法を覗いてみてください。

トレーダー界の超有名人KAZMAXさん

金融トレーダーとして著名なKAZMAXさんはなんと、

  • 月利800%
  • 月利5億円
  • 日利3億円

を達成しています。

KAZMAXさんを一躍有名にしたのは、Twitterでトレードの予測を次々と的中させたことで、Twitterのフォロワーの数は10万人に達しようとする勢いです。

今年の夏より始められた月会費3万円のオンラインサロンでは、募集開始からわずか3日間で、4500人もの人が参加するという反響の大きさ。

トレーダー界で知らぬものはいないといっても過言ではありません。

多くのトレーダーに崇められるのは、輝かしい実績だけでなく、フォロワーやサロン生への有益な情報提供などに垣間見える、驕りのない内面をお持ちだからでしょう。

ともかく凄まじすぎる実績を残されていますが、KAZMAXさんを紹介する何よりの理由は、

KAZMAXさんが、なんと2~3時間のショートスリーパーだからです。

Twitterを拝見する限りは、生まれつきではなく、ここ数年でショートスリーパーになられたようで、強い意志と目的があったために、睡眠時間を短くしたようです。

 

勝者と敗者が否応なしにはっきりする金融の世界。

世界のエリートたちがしのぎを削る舞台で、自らが勝者となるべく、

自らの意思で自分を厳しい環境に置き、ご本人の言葉を借りるならば、まさに血の滲むような努力をして、極限まで睡眠時間を削られたわけですね。

このあと話しますが、実は、KAZMAXさんのように厳しい環境に身を置かずとも、ショートスリーパーにはなることができます。

私がこのHPでショートスリーパーになることを勧め、情報を提供をしているのは、まさにショートスリーパーなら常人に不可能なことを実現させることが可能だからです。

そして、そのショートスリーパーは、決して遺伝子で決まっているわけではなく、KAZMAXさんや私のように後天的になれるものです。

KAZMAXさんと同じショートスリーパーになりたい方へ

KAZMAXさんの睡眠を徹底分析します

KAZMAXさんの睡眠に関するツイートを拝見すると、どうやらただのショートスリーパーではないことが分かります。

なんと、3時間睡眠をまとめてとるのではなく、1時間を3回に分けて取られているのですね。

これを一般に多相性睡眠を呼びます。ちなみにこの多相性睡眠をとっている有名なショートスリーパー、実はKAZMAXさん以外にもいます。

それは皆さんもご存知、武井壮さんです。

武井壮さんは、45分睡眠を1日に3回とっているとのこと。

陸上競技の経験わずか1年にして、10種競技の日本チャンピオンとなり、40代になってからも100m10秒台を記録し、世界大会でも金メダルをとったまさに鉄人です。

KAZMAXさんと業界は違えど、同じように凄まじい実績を残されており、このお二人に共通するのが”多相性睡眠をとるショートスリーパー”だから面白いです。

眠気を効果的にとる方法

眠気を効果的にとる方法を知っておくと非常に役立つので、ここで説明しておきます。

当たり前のことを言いますが、寝る前はとても眠かったとしても、睡眠をとって起きると基本的には眠くなくなりますよね。

人間は眠気をとるために寝ているとも言えます。

では、睡眠のどの段階で眠気がとれるのかというと、

まず寝始めから約15分間

次に寝始めから約90分、180分、270分と約90分おきのタイミングでくるレム睡眠というフェーズで眠気が取れます。

電車で座っているときや勉強中に、少しうたた寝をして起きた時、やけに頭がすっきりして眠気がとれた経験はないですか?

まさにそれが寝始め15分で眠気がとれた効果です。

この15分は、またの名をパワーナップと言いまして、現代ではgoogleなど超一流企業で採用されるほど、眠気の除去やパフォーマンスアップにつながります。

やり方を間違えると、ひどい目に遭うので、ぜひこちらをご覧になってから採用されてください。

昼寝またの名をパワーナップは、世界の一流企業でも採用されるほど、素晴らしい効果を持っています。 パワーナップを効果的に用いれば、日々の勉...

その後は人によって個人差はあるものの、寝始めから90分おきのタイミングで訪れるレム睡眠で眠気はとれます。

では、寝始め15分と、その後の90分おきにくるレム睡眠で、

一番眠気をとる効果が高いのはどこでしょう。

答えは、寝始め15分間です。

睡眠というのは、寝始めが一番効果が高く、90分おきに訪れるレム睡眠においても、先にくるレム睡眠の方が眠気をとる効果が高くなります。

これは食事に例えると分かりやすいですが、胃を空にした状態で食事をとったとき、栄養の吸収率が一番高くなるのは食べ始めです。

後に食べるほど、栄養の吸収率は悪くなります。

食べ順ダイエットが効果を発揮するのもこれが一つの理由です。

ちなみに食べ始めの吸収率が高いのは動物にとって自然なことです。

なぜなら、満足に食事がとれるか分からない野生の動物は、

食事を開始してから後半になってようやく栄養を吸収できるようになる、などという悠長なことをしていたら餓死してしまうからです。

食事と同じように睡眠も寝始めの効果が高いのは自然なことなのです。

いつ襲われるか分からない野生の動物は、寝てしばらくしないと眠気がとれるようにならない、なんていう仕組みだと絶滅してますよね、きっと。

多相性睡眠のメリット

多相性睡眠のメリットの話です。

一気に3時間の睡眠をとるのと、1時間を3回に分ける多相性睡眠は、どちらの方が眠気が取れやすいでしょうか。

もちろん多相性睡眠ですね。

効果の高い寝始めの部分を3回もとっているのだから当たり前です。

ということで、KAZMAXさんは、トレード市場と向き合っているという環境の都合もあるでしょうが、とても効率の良い睡眠をとられているのです。

そもそもショートスリーパーって寿命とか健康面とか大丈夫なの?

と思われる方は、こちらをぜひお読みください。

ショートスリーパーは早死にするどころか、7時間睡眠の人より寿命が伸びる可能性が高い、と言ったら驚くでしょうか。 睡眠時間が短いと身体に負...

KAZMAXさんと同じ睡眠をとりたいなら【ミラースリープ】

KAZMAXさんは1日20時間は起きてトレードをされているわけなので、超凄腕トレーダーの真似をするならまずは、ショートスリーパになる必要がありますね。

動機は違えど、私も生まれつきでなくショートスリーパーになった人間なので、断言しますが、なろうと思えばショートスリーパーにはなれます。

KAZMAXさんと同じショートスリーパーになりたい方へ

トレーダーがショートスリーパーになるべき2つの理由

KAZMAXさんのツイートを引用して、トレーダーがKAZMAXさんのようにショートスリーパーになった方がよい2つの理由をご紹介します。

マーケットメイカーの搾取から逃れる

KAZMAXさんが仰るように、トレーダーなら深夜から明け方の時間帯は起きておく必要がありそうですね。

普通のサラリーマンだと、この時間帯にずっと起きているのはほぼ不可能ですが、ショートスリーパーなら深夜0時に寝て午前3時に起きればよいので、まぁ余裕ですね。

KAZMAXさんはTwitterやサロン生への情報提供を深夜や明け方に行うことも多く、仕事柄、生活スタイル的に、リアルタイムでKAZMAXさんのアドバイスを享受できない方々が一定程度いるようです。

これはかなり勿体なくて、せっかくKAZMAXさんから学ぶ機会を得ているのに、睡眠でそのチャンスをつぶしているわけですね。

ショートスリーパーになれば、限りなく全ての情報をリアルタイムでキャッチすることが可能になります。

KAZMAXさんのトレードを追う、つまりミラートレードを行いたくて(KAZMAXさんは非推奨ですが)、Twitterをフォローしていたり、サロンに入られたのなら、KAZMAXさんの睡眠ですら追わなくては難しいでしょう。ミラースリープですね。

チャンスを逃さない

仮想通貨について言及されていますが、ボラティリティが高い仮想通貨の世界では、まさに変動幅をとる機会が多いことになりますので、やはりずっと起きておくに越したことはないですね。

トレーダーとして継続して利益を出し続けるためには、ショートスリーパーであることはまさに必須と言えますね。

ショートスリーパートレーダー まとめ

今回はトレーダー界の超有名人KAZMAXさんのご紹介と、トレーダーにとって睡眠時間の短さがいかに大切かということをお話しました。

また、トレーダーに限らず、KAZMAXさんのように圧倒的な実績を残したければ、例えば1日20時間、目標に向かって没頭し続ける必要があることも学びました。

過労死の危険性が謳われる昨今でして、ショートスリーパーの話をすると、多くの人が

「寝ないと死ぬよ」

「睡眠時間が短いと鬱になるってきいたけど?」

とご指摘くださります。

過労死や鬱について結論を先にお話すると、睡眠時間が短いから死に至ったり、鬱になったりするのではありません。少しだけ考えれば分かることです。

睡眠時間を削らなければならないほど、ハードワークでストレスフルな状態が心身を蝕んで病気になり、鬱になるのです。

KAZMAXさんも然りですが、好きなことを自分の意思で好きなだけやった結果、睡眠時間が短くなったのであれば、鬱になりようがありませんよね。

ご自分の好きなことに照らして考えてもいいでしょう。

要は、睡眠時間が短くなり、長くなった起きている時間帯に何をするかです。

ずっと大好きな酒を飲んでいれば、それは不健康になりいずれ死に至るかもしれません。アルコール中毒になる可能性もありそうですね。では、この場合死に至るか、もしくはアルコール中毒になる原因は睡眠不足でしょうか?

違いますよね。

また今回のトレードでいえば、長時間チャートを見続けた結果、目が悪くなるかもしれませんし、座った姿勢をキープしているのだとしたら、運動不足で太ったり、腰痛になりやすくなるかもしれませんが、これも原因は睡眠不足ではないですね。

大切なのは、起きている時間をどう過ごすかです。

長時間起きていたとしても、しっかり目をケアしたり、運動を空いた時間で行うようにすれば肥満や腰痛の心配もいりませんよね。

今回は以上となります。

KAZMAXさんに憧れるトレーダーや、KAZMAXさんからたくさん学んで爆益を得たいという方に向けて書きました。

誰でもショートスリーパーになることは可能で、根性とかそういうものに頼らずに、計画的にシステマティックに2時間睡眠や3時間睡眠になることは可能です。

ただでさえ、利益が出ていると噂のサロン生のみなさんが更に爆益を得られること間違いなしでしょう。

  • KAZMAXさんのようにトレードで爆益を得たい
  • KAZMAXさんからの教えを120%吸収したい
  • トレードに限らず、好きなことに熱中したい
  • 絶対に叶えたい夢や目標がある

こんな方々は、ぜひショートスリーパーの世界に飛び込んでみましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パワーナップ(昼寝)を制する者は人生を制する【正しい方法と注意点を公開】

【成功率95%超】ショートスリーパーになる方法と注意点を解説【7時間から3時間睡...

寝るのが好きな人が絶対に知っておくべき2つのこと

最強の眠気覚ましを睡眠のプロであるショートスリーパーが大公開!

夜

ショートスリーパーがおすすめする、夜を120%活用するためのコツ

有名人

ショートスリーパー名鑑 有名人・芸能人・偉人15名を紹介【なる方法も伝えます】