ショートスリーパー名鑑 有名人・芸能人・偉人15名を紹介【なる方法も伝えます】

有名人
【この記事を書いた人】中原 洋
1日2~3時間睡眠のショートスリーパーで、陸上100m 10秒台(追い風参考記録)。
東京大学工学部を卒業後、生命保険会社に勤務。仕事と趣味、勉強を両立する手段として、睡眠時間を短くする方法を学び、堀大輔氏の著書「睡眠の常識はウソだらけ」の執筆にもたずさわる。

筆者が受講したショートスリーパーの講座(Nature sleep)はこちらです。

短時間の睡眠で健康でいられるショートスリーパーの有名人や偉人15名を睡眠にまつわる逸話や名言とともに紹介します。

ショートスリーパーは遺伝でしかなれないという根拠の薄い通説が広まっていますが、有名人や偉人のように多忙な環境でなくても、誰でも無理なく健康的にショートスリーパーになれますので、その理由と方法も併せて説明します。

私がショートスリーパーになれたのは、Nature sleepという講座を受講したためです。これからご紹介する有名人たちのようにショートスリーパーになってみたいという方は、ぜひこちらをどうぞ。(Nature sleepの講座内容、価格、評判などは全てこちらの記事にまとめてあります)

ショートスリーパーの有名人・偉人15名

歴史上の人物から現代の著名なビジネスマン、芸能人など様々なショートスリーパーを経歴や逸話とともに紹介していきます。

レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチは、モナリザの絵を描いたことで有名ですが、なんと90分睡眠のショートスリーパーです。

しかも15分の仮眠を4時間おきに計6回とって生活していたようです。このように1日数回に分けて睡眠をとる方法は多相性睡眠と呼ばれるもので、一度に長時間の睡眠をとるより効率の良い方法として知られています。

決して不自然なものではなく、人間以外の動物は基本的に多相性睡眠をとっており、近代の文化が発達する以前の人間も同様の生活をしていたようです。

動物たちはヒトのように連続して長く覚醒しつづけたり,連続して長く眠りつづけることはしない。つまり,1日に何回も眠るパターンを(多相性睡眠)を示す。これに対し,複数の睡眠単位をつないで1日1回の長い睡眠期(単相性睡眠)にすることによって,概日リズムの休息の位相と同期させてしまったのが典型的な現代人の眠りである。

日本睡眠学会HP(http://jssr.jp/kiso/kagaku/kagaku09.html)

ダ・ヴィンチはたの画家ではなく、絵画以外にも、彫刻、建築、音楽、化学、数学、工学、解剖学、生理学、地学、地誌学、植物学など様々な分野において功績を残しています。ショートスリーパーでなければこれ程の功績は残せなかったでしょう。

ダ・ヴィンチは、67歳まで生きたとされています。今から500年前の時代にしてはかなりの長生きでしょう。

ショートスリーパーは短命というイメージがあるかもしれませんが、科学的な根拠等を並べても、実はそんなことはないのです。こちらで詳しく解説していますので興味があればぜひご覧ください。→

武井壮

タレントで元陸上十種競技の日本チャンピオン、武井壮さんは約2時間のショートスリーパーです。

ダ・ヴィンチ同様に1日に数回睡眠をとる多相性睡眠を取られているようです。

睡眠時間を短くして生まれた時間で、陸上競技のトレーニングやビリヤードなど仕事以外の時間を充実させているようです。

「眠いは嘘!だって、眠い時に好きな子から連絡来たら眠気消えるでしょ?」という持論で有名です。

武井壮さんの睡眠スタイル、多相性睡眠については別の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

武井壮さんの睡眠を徹底研究!どんな人でもまねできる!?

孫正義

日本を代表する実業家で、ソフトバンクグループの創業者の孫正義さんは3時間睡眠のショートスリーパーとのこと。あれだけ多忙な方であれば、睡眠時間が短いと聞いても何の不思議もありませんね。

睡眠時間が短いと脳の機能が低下して判断力が鈍るという思われる方も多いでしょうが、孫さんの輝かしい業績を見れば、それが単なるイメージであることが分かるでしょう。

ドナルド・トランプ

言わずとしれた第45代アメリカ合衆国大統領で、睡眠時間は3時間のショートスリーパーです。

政治家になる前は実業家としても世界的に有名でしたが、本人曰く、自分の成功の秘訣は毎晩3~4時間しか寝ないことにあるとのこと。

“How does somebody that’s sleeping 12 and 14 hours a day compete with someone that’s sleeping three or four?”

「1日12~14時間寝ている人間がどうやったら3~4時間しか寝ない人間と勝てるんだ(筆者独自の意訳)という」言葉も残しています。

明石家さんま

日本を代表する誰もが知るタレントでお笑い芸人の明石家さんまさんは、3時間睡眠のショートスリーパーです。

小学校の頃からあまり寝なかったとのことで、常に面白いことを考えているためテンションが高く、睡眠時間が短くなっているとのこと。

これはとても理にかなっていて、1日ぼーっと何も考えずに退屈な人と、1日がずっと楽しい人では、睡眠時間が変わってきますよね。

西野亮廣

お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣さんは、なんと睡眠時間が90分から2時間程度とのことです。お笑いの仕事に止まらず、絵本作家や舞台演出など多岐にわたる活動をされています。

そんな多忙な西野さんは毎朝10km走るという日課もお持ちです。1日中働いて、少し寝て、朝走るという毎日を繰り返しています。

西野さんの睡眠時間に関する記事

上戸彩

日本を代表する女優の上戸彩さんもショートスリーパーです。普段は4時間ほど寝ていて、ドラマ等のお仕事で忙しい時には、2時間ほどの睡眠時間になることもあるようです。

橋本環奈

女優つながりで、橋本環奈さんも3時間睡眠のショートスリーパーとのこと。

→ニュース記事はこちら

誰もが羨む美貌ですが、睡眠時間が短くても肌荒れなどを防げて、美しさを保てることを証明されていますね。肌のお手入れや栄養価の高い食事、運動などの心がけをしっかり行った賜物でしょう。

上戸彩さん同様、睡眠時間が短くてもお美しいですね。

トーマス・エジソン

アメリカの発明家であるエジソンは、白熱電球の発明が特に有名ですが、生涯にわたって発明したものの数は、なんと1300とのことです。

そんなエジソンは一説によれば、研究に没頭していた時は、2~3日寝なかったこともあると言われており、また仮眠を1日に何度もとっていた逸話も残っています。基本的には夜中の2時に寝て朝の6時に起きる生活をしていたようです。

「睡眠は時間の浪費だ」

「寝るのは馬鹿だ、みんな寝すぎだ、自分は死んでからたっぷり寝る」

これらはエジソンの有名な言葉として有名です。これほど説得力に満ちた言葉はなかなかないですね。

ドクター中松

エジソンからの発明家つながりですが、フロッピーディスクを発明したことで有名な日本の有名な発明家、ドクター中松さんは4時間睡眠のショートスリーパーとのこと。

「8時間睡眠を続けていると頭が悪くなり、寿命が縮みます。」という言葉を残しています。

モーツァルト

再び歴史上の人物に戻りますが、オーストリアの作曲家モーツァルトは、5時間睡眠のショートスリーパーだったようです。

深夜1時に寝て6時には起床していたとのこと、作曲活動は起床後の2時間と夕方からの4時間で行っていたようです。

森鴎外

小説「山椒大夫」でお馴染みの小説家で、軍医や官僚でもあった森鴎外もショートスリーパーです。

「人間は二時間寝れば沢山だ」と語った鴎外は4時間以上ねむったことがなかったと言われています。

野口英世

黄熱病や梅毒の研究で知られる細菌学者で、1000円札貨幣のシンボルにもなっている野口英世は3時間睡眠のショートスリーパーです。

「ナポレオンは、夜3時間しか眠らなかった。彼になしえられる努力が、自分になしえられぬはずがない。」が口癖だったという逸話があります。

尾田栄一郎

「ONE PIECE」でお馴染み、漫画家の尾田栄一郎さんもショートスリーパーで、3時間睡眠で知られています。夜中の2時に寝て朝5時に起きる生活をされているようです。

ジャック・ドーシー

日本だけでなく世界を席巻しているTwitterの創業者であり、決済サービスのSquareも創業し、現在2社のCEOであるジャックドーシーは、1日のうち8~10時間をTwitterの事業に、同じく8~10時間をSauareに費やしているとのこと。

つまり、残った時間は平均で4~8時間です。明らかにショートスリーパーですね。

有名人や偉人と同じようにショートスリーパーになれる理由

これまで紹介した偉人たちのようにショートスリーパーにはなってみたいけど、専門家がショートスリーパーは遺伝でしかなれないと言っているし、自分自身でも睡眠時間を短くすると辛いから無理そう。

こんな風に思っている方が多いと思うので断言しますが、ショートスリーパーには誰でもなれます。その理由と方法をお伝えします。

ショートスリーパーは遺伝でしかなれないのはウソ

睡眠の専門家が声高に「ショートスリーパーには遺伝でしかなれないので、諦めてください」と主張しますが、その根拠をご存知でしょうか。

決して、世界中のあらゆるショートスリーパーを集めたら、全員漏れなく遺伝子を持っていたとか、そんなことではありません。

たった1組、アメリカ人親子のショートスリーパーを調べて見つかった遺伝子をマウスで再現したら同様に睡眠時間が短くなったというだけです。

皆さんはピンクの象がこの地球上にいないと言い切れますか?

言い切れますよね、なぜなら自分自身の目で何頭も象を見てきただけでなく、世界中の人々、更には今までの人類の歴史上、誰も見ていないからです。

ショートスリーパーに関しては、たった1組です。だから遺伝子を持ってないショートスリーパーがいても全くおかしくありません。後天的にショートスリーパーになることは全くもって不可能ではないです。

このショートスリーパー遺伝説については、こちらで分かりやすく詳しく説明していますので、よろしければご覧ください。

ショートスリーパー遺伝説を論破して、後天的になれる理由を解説

実際に睡眠時間を短くしたら辛かった経験あり?

ショートスリーパーになれないと思う方の多くは、自分が短い睡眠時間で生活していた時に辛かったという経験をお持ちのようです。

疲れが取れないとか、眠くて、脳が働かなかったという感想です。

これは例えるならば、知識がなく闇雲に食事を減らしてダイエットをしようとしてしまったのに似ています。

ダイエットは適切な方法と指導のもと行えば、大抵は成功しますよね。

自己流でやって失敗した人からすると、ダイエットは毎日お腹が空いて、脳が働かない感じがして、自分には無理!と言うでしょう。

単純に、正しい方法を知らなかっただけです。お腹が空いてしまったり、頭が働かなかったからといって、ダイエットが自分に合わないことにはなりません。

睡眠時間を短くするのは憧れるけど、健康に良くなさそうだし、寿命を縮めたくないという方は、必ずこちらの記事をご覧ください。睡眠について勘違いしたままこれからの人生を送るのは勿体無さすぎます。

ショートスリーパーの寿命が長い5つの理由と長時間睡眠の3つのデメリット

失敗せずに最速でショートスリーパーになる方法

私が執筆にたずさわった「睡眠の常識はウソだらけ」という本のタイトルの通り、世の中の睡眠の常識は、控えめに言って9割は間違っています。

健康を犠牲にして(睡眠時間を短くして)時間を手に入れるか、健康のために時間を捨てるか、というトレードオフは存在しません。

ショートスリーパーは、膨大な活動時間を手に入れられるだけでなく、睡眠中に発生する多くのデメリットを回避でき、さらに余った時間で、運動や身体のケアもできます。時間に余裕があるので、好きなことができてストレスもたまりません。

そんな魅力的なショートスリーパーになろうと、多くの人が自己流で挑戦しようとするのですが、とても危険なのでやめていただきたいです。

ダイエットや英会話のようなものであれば、失敗しても痛くもかゆくもないでしょうが、睡眠で失敗すると、仕事での致命的なミスや、車の運転の事故などを招きかねません。

もちろん中には自己流でショートスリーパーになってしまう人もいるのですが、失敗を重ねて、回り道をする可能性が高いです。

私が皆さんに強くお勧めしたいのは、専門家に指導してもらうことです。

ピアノや水泳の習い事を思い浮かべればわかると思いますが、先生に習う事で正しい指使い、綺麗な泳ぎ方を習得できて、遠回りをせずに効率よく、最速で成長できますよね。

私の場合は、Nature sleepというカリキュラムを受講したおかげで、約2ヶ月で3時間睡眠のショートスリーパーになることができ、眠気に悩むことなく、健康体で、仕事、趣味、勉強など、たくさんのことがストレスなくできています。

失敗をせずに最速でショートスリーパーになりたい、なんとなくショートスリーパーに興味があるという方は、ぜひ下のリンクから説明会に参加して、話を聞いてみることをお勧めします。

私もかつて参加したので断言しますが、押し売りみたいなものは一切なく、睡眠の正しい知識を丁寧にレクチャーしてくれて、睡眠の悩みにも真摯に答えてくれます。Nature sleepの説明会についてはこちらからどうぞ

睡眠の専門家による無料のメルマガもあります。睡眠の悩みへのアプローチや、眠気の取り扱い、そしてショートスリーパーになるための方法に関して、優しい口調で懇切丁寧に説明しています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最悪の睡眠習慣

最悪の睡眠習慣4選とその解決策を紹介

kazmax

超敏腕トレーダーKAZMAXさんに学ぶ“トレーダーの理想の睡眠法”

Nature sleep説明会の様子や内容、価格をレポート!

目覚め

睡眠時間が短くても、寝起きが良くなってスッキリ起きるための訓練方法

ショートスリーパーのゴールデンタイムの過ごし方

ショートスリーパー

ショートスリーパーになって1年半が経過した男の人生【4つの変化】